プランテル

モンドセレクション2015受賞

ヘアサイクルを知ろう

邦人旦那の3ヒトに1ヒトは薄毛を気にしているといわれています。近年は、妻の薄毛の気掛かりも増加する傾向にあります。背景には、ホルモンの影響、遺伝みたいポイント、食事、扇動などのメリットが考えられています。

 

髪は頭部を直射日光や暑さ寒さから守り、他人の損害から保護するクッションの役割を果たしています。
髪を含むすべての体毛は、伸び続けるわけではなく、成長しては抜け落ち、同じ毛根からまた真新しい毛が生えてくるという周期をくり返します。
これをヘアサイクルといい、「成長期」「移行期」「休止期」の3期に分けられます。

 

薄毛とは、心中髪の数量が減って地肌が見えてしまう状態です。本数は変わらないとおり頭髪が細くなる場合と、抜け落ちて本数そのものが減ってしまう場合があります。髪の本数を程度約10万テキストとして計算すると、1日に50テキストから100テキストは自然に脱毛していると考えられますが、150テキスト以上のスピードが続くようなら、病的な脱毛(崩れ抜け毛)といえるでしょう。
薄毛の原因としては、以下の4つの風評があると一般的に言われています。

 

血行不足風評 …髪の頭髪は頭髪乳頭にある毛細血管から栄養素を飲用されて成長します。血流が悪くなると発展が鈍り、髪の頭髪は抜けやすくなります。 旦那ホルモン風評 …遺伝みたいに旦那ホルモンに影響される感性を持つヒトにみられます。旦那ホルモンの影響で、頭髪乳頭細胞の解体が抑えられると考えられています。 脂漏風評 …皮脂が異常に多く分泌されると、毛孔が詰まったり、人肌に炎症が起きるなど、髪の発展を阻害します。 頭皮ドキドキ風評 …発展などにより、頭皮が突っぱって頭蓋骨と頭皮の日にちの血管を圧迫することにより、血流が悪くなって頭髪乳頭細胞の機能が低下するといわれています。
これらの4つのうちのいずれか一部が薄毛の発端とは限りません。複数の発端が互いに影響しあっている場合も多いと考えられます。

 

旦那ホルモンなどが主な原因で、軟毛化(頭髪の総数は変わらなくても、太く長い頭髪が甦生せず、細かく少ない頭髪に置き換わる)が進み、薄毛になる状態です。軟毛化は、ヘアサイクルの成長期が短縮され、毛根が小さくなってしまうことによって起こります。
早い人では20歳代当初から始まります。ただ、男性が誰でも若くして薄毛になるわけではなく、遺伝的な素質に加え、扇動、食べ物、務めなどの影響も大きいと考えられます。なお、旦那ホルモンは、髪は薄くする路線にはたらきますが、ひげや陰毛などは濃くする(硬頭髪化)路線にはたらくと考えられています。

 

TOPへ