プランテル

モンドセレクション2015受賞

薄毛は予防できるのか

髪の育成には、スカルプの体調が大きく影響します。スカルプの汚れや皮脂の超越分泌は髪の育成を阻害します。日頃から髪を清潔に保ち、正しいシャンプーをするなど、正しい頭髪肩入れを心がけましょう。また、晩更かしをしない、栄養バランスに気をつけるなど慣習を整えることや、ストレスの射光を図ることも大切です。

 

規則正しい洗顔とスカルプの肩入れ
スカルプの清潔が生命といっても爪を立ててゴシゴシ洗えばスカルプを傷つけてしまいます。
必ず指のおなかで、髪よりもスカルプを意識して洗いましょう。
また、洗顔マテリアルが残っていると、フケやかゆみの原因になります。すすぎは丁寧に行いましょう。
また、肌に合わないマテリアルはかゆみや腫れを起こす恐れもありますので、そういったマテリアルが配合されている商品は避けるようにしましょう。
できれば、洗顔も髪やスカルプに刺激の少ない、弱酸性でアミノ酸系統界面活性剤使用の商品などがおすすめです。

 

薄毛を招く慣習とは?
不規則な安眠、喫煙、過度の飲酒などは、髪の健康に悪影響を及ぼします。
殊に、夜は育毛を助ける副交感神経の機能がもっとも活発になり、髪がよく伸びる時といわれています。暮しのサイクルを整えて十分な睡眠をとるようにしましょう。

 

食品はバランスよく
更に髪によい食品というのはありません。髪の頭髪の主成分であるタンパク質、髪の創出に必要な鉄や亜鉛などビタミン・ミネラルを含んだ、バランスのとれた食事を心がけましょう。
過度な減量も髪には禁物です。

 

ストレスは髪の目の敵
ストレスで自律地雷やホルモン分散が乱れると、スカルプの血流が低下し、毛根に栄養分が行き届かなくなります。
適度に運動したり、夜にはリラックスできる時を持つなどして、過度なストレスをためないようにしましょう。

 

スカルプを清潔に保つ
スカルプは皮脂分泌が快活ですが、洗髪しないでいると過剰に分泌された皮脂に汗やほこり、フケなどが混じり、細菌が繁殖してスカルプに炎症が起こり、髪の育成に悪影響を与えることがあります。スカルプは常に清潔に保ちましょう。