プランテル

モンドセレクション2015受賞

薄毛対策に良い食事とは?

ふと気がつくと、髪の毛にボリュームがなくなってきたり、おでこのあたりが寂しくなってきたなと感じるのなら、すぐに何らかの手を打っておくべきです。なぜなら薄毛の対策というのは、早ければそれだけ改善できる確率が高いからです。

 

では、一体何をすると良いのかというと、睡眠不足にならないように気をつけたり、専用のシャンプーを使ってみたり、ストレスがたまらないようにうまく気分転換をしたりといったようにさまざまな方法があるのですが、食事にも気を配っておきたいものです。

 

具体的に何を食べるように心がけるべきかということになるのですが、まずは納豆や豆腐などが有効です。大豆に含まれるたんぱく質が、髪の毛を作る素となるのと同時に、薄毛の原因となる男性ホルモンを抑制するイソフラボンも含まれているため、一石二鳥というわけです。

 

ただ、たんぱく質は亜鉛がないとうまく吸収されないと言われているため、牡蠣を食べておくと良いでしょう。他にも豚のレバーや牛肉にも亜鉛は含まれているので、意識して摂るようにしておきたいです。

 

それから食事には野菜を多く取り入れておきたいのですが、それはビタミンが必要だからで、特に緑黄色野菜と呼ばれるものを選んでおくことをおすすめします。